一人暮らしの部屋作り

photo1

一人暮らしの部屋作り

これから生活していく自分のお部屋、せっかくなので快適な生活を目指しましょう。 コツは、「コンセプトを持って物を揃えること」。インテリア系のサイトで色んな部屋を見たりしていく内に自分の好みや方向性が決まってくると思います。あと、背の高い家具を置かないことです。ワンルームマンションに、背の高い家具は圧迫感ありますしね。最近では壁紙の1面だけを色をかえているようなワンポイントクロスのデザイナーズマンション等もあるので、好きな色のクロスを選んで部屋のコンセプトを創るのもいいですね。


スマートフォン版はこちら

 

 

photo1

部屋作りの基礎チェック

部屋の壁の色、フローリングの色、扉の色がもともとその部屋がもってる部屋のイメージの基本。基本は白っぽいクロス(壁紙)に茶色のフローリング、扉というのが一般的です。 その色に合わせたインテリアを考え、部屋を作ると全体の統一感もでます。またいろんな人の一人暮らしの部屋のイメージをみて、自分の世界を事前に想像するのも大事ですね。新築のマンションやレオパレスさんではお部屋の壁紙の色を選べるなんて仕組みも。

 

部屋のコンセプト

 

 

インテリア事例写真1インテリア事例写真2インテリア事例写真3(無印良品)インテリア事例写真4

 

>> 一人暮らしのインテリア事例(事例写真がたくさん92枚)
>> 一人暮らしのインテリア事例その2(事例写真がたくさん52枚)
>> 一人暮らしのインテリア事例その3(事例写真がたくさん59枚)
>> 一人暮らしのインテリア事例その4(無印良品のインテリア事例)(28枚)

 

 

大きなインテリアから攻める部屋作り

インテリアは、ベッド・ソファ・テーブルなど部屋の主役にしたいと考えているものから買い揃えるのが無難。インテリアを買い足していく際、ベースになるインテリアがあると部屋の統一感がブレにくくなります。また、最初に買うインテリアの色は、ブラウン・ブラック・グレイ・ホワイト系などの無難な色がおすすめです。柄物や派手な色に比べ失敗しにくく、小物・雑貨などを使えば後でアレンジしやすくなります。


>> ベッドを探す
>> ソファーを探す