一人暮らし 家計簿

ひとりぐらし家計簿

一人暮らしの家計簿

家計簿をつけるといろんなメリットがあります。でもこれは継続するのが難しい。すぐ手が届くところに家計簿セット(ペンと電卓、家計簿)を置く。残高をあわせるのが目的ではなくおおまかなお金の流れを把握できるようににしましょう。面倒な人は端数を切り上げて記入してもよいでしょう。スマホの家計簿アプリなどを利用するのも継続の秘訣ですね。損をしているかどうかを知る事も大事かもしれませんが続ける事でいろんな意識がつく事も大事ですね。続ける力は家計簿以外にもいろんな効力をもたらしてくれます。ダイエットなんかも同じ概念かもしれませんね。


スマートフォン版はこちら

 

楽しく家計簿を

楽しく家計簿をつけるために

パソコンを使う方は家計簿のソフトを使うのも楽しいかもしれません。毎日のことなので、義務感が強くなるのはあまりよくありません。女性であればかわいい家計簿ノートを買ってつけてみるのもオススメです。スマホアプリ等を利用するのも毎日の習慣の一部にする極意かもしれませんね。

 

家計簿は人生勉強

家計簿は人生勉強

一人暮らしをを機に、初めて家計簿をつける人も多いと思います。実際家計簿をきちんと毎日つけられるタイプの人は、節約もきちんできる人が多いと感じます。一人暮らしでは節約は非常に重要です。どうやってお金を得て(初任給や仕送り、アルバイトによる収入)どうやってお金が出て行くのか、生活とはどいうったお金が掛かるのかをとても勉強できます。家賃のバランス等も実際に収入の三分の一までなんて表現が多いですが、実際に数値にしてみると無理のない家賃がどれくらいかがはっきりすので計画が立てやすくなりますね。