一人暮らし 食費

一人暮らし 食費

一人暮らしの食費

一人暮らしの一ヶ月の食費は2万円から3万円。これは基本的に自炊をするケースですね。食費は一番節約の成果が出てくるところ。冷凍庫をフル活用することにはなりますが、おいしいもの食べたいからこそ、一工夫です!賢くかって賢くつくるポイントは


スマートフォン版はこちら

 

  • 食材を保存しておく(最近はなんでも冷凍があたりまえ)
  • できあいのものも賢く使う
  • 飲み物は作る
  • 冷蔵庫にあるものを把握する
  • 夕方などスーパーのサービスを使う
    バックヤードから出てくる店員さんが割引のシールを張る時間帯を調べましょう。

 

スーパーを攻略

近くのスーパーを攻略しよう。

やはり自炊なら食材の仕入れ先(スーパーですね)をいかに上手に使うかがポイントです。ショッピングセンターのような大店舗では、大量の仕入れができるため加工品が安くなりやすいですし、生鮮市場などがつくスーパーでは、農家と直接取引きしている事も多いため、安くかつ新鮮や野菜やお肉が手に入れられる事が多いのです。 チラシ発刊を狙ったまとめ買いも効果的です。業務用スーパーも増えてきているので買いだめという方法もありますね。

 

 

100円ショップ

100円ショップ・99円ショップを利用する

普段100から200円で売っている商品は100円ショップ・99円ショップでも取り扱っている場合はおおいものです。野菜や肉なら少ない料でリーズナブルな価格で購入できるのが100円ショップの魅力です。セブンイレブンでも高品質な生鮮食品が多く手に入ります。しかも安い。大雨や台風等で気候状況がすこし変わるだけで野菜の値段がコロコロ変わるので野菜が普段の倍以上するときは外食した方が安いケースもありますね(その場合、お店が減が高くて困ってるとは思いますが・・・)ジップロックや保存容器なども100円ショップで売っているのでそれを活用すると冷凍庫が片付きます。

 

 

賞味期限いついて

意外と知らない?賞味期限

今まであまり気にしなかったかもしれまがん、食品の保存を考える前に、まず、賞味期限と消費期限の違いについて理解する必要があります。

賞味期限
賞味期限は、未開封で保存方法を守った場合においしく食べられる期間を指します。ですので、期限が過ぎたからといって食べられないわけではありません。ですが、開封済みだったり、保存方法が守られていないものは、例え期限内であってもその時間が長ければ食べない方が無難です。

消費期限
消費期限は、日持ちがしない生ものが中心に表示され、普通に食べられる期限を指します。期限が過ぎたものは、食中毒の危険性もありますので、食べないほうがよいです。