無印と一人暮らし

無印良品インテリア事例写真

無印良品のお店に行ってもお店全体がMUJI化しているため、イメージがわきにくくありませんか?全商品無印でそろえられたらそれは幸せかもしれませんが、実際にワンルームマンションであればソファーとベッドは両方おけないことも多いし無印のショールームのようにはいきません。そこで、ネット上に公開されている無印良品のインテリア事例を紹介します。グランフロント大阪の無印良品には、無印の家のかなり大きな模型?いや、ミニチュアがありました。とても全体のイメージがつかみやすいです。全国各地でも無印良品の家(展示場)が増えてますね。ソファやベッドは実際に座ったり寝転んだりできてイメージがつかみやすいですね。無印良品の家具には貼り替えや着せ替えの出来るものも多いので長く使うことができますね。同じ商品を長く売るコンセプトの無印良品の家具。長持ちする半面少し値段も高く感じるかもしれません。部屋全体の統一感は素材、色共に揃うので無印ファンの方は是非無印一色のインテリアにしたいものですね。

 


スマートフォン版はこちら

 

無印良品でリビング


無印良品があるキッチン

シンプルなデザインゆえ、生活観がなくなるかも。四角を基調とし基本白一色に統一されているためすっきりとしたキッチンが仕上がります。冷蔵庫にマグネットでレシピを張ったりしたいところですが、せっかくのデザインがもったいないかもしれませんね。シンプルさが売りの無印の家電。揃えるなら一式MUJIで揃えたいですね。ただ家電専門ではないだけあってそれほど性能や機能では選べない。無印良品のキッチンを揃える場合はやはりデザイン重視ですね。

 

無印良品のキッチン

 

 

無印良品のソファーがあるリビング

ナチュラルなイメージによく合いますね。無印の家具、ソファーは基本着せ替え(シーツ取り換え)が可能になっているので季節ごとに色を変えたり、他の家具に合わせてシーツを取り換えるといくつものインテリアデザインにマッチするのが魅力。ソファ自体のラインナップは少ないですが、確かな性能と着せ替えができる点が無印のソファーの魅力ですね。

 

無印良品のソファー

 

 

無印良品とTVの愛称

目だななくでも機能的でポイントになります。

 

無印良品のTVボード

 

 

無印良品の収納

中身を見せる収納が多いですね。収納というだけあって中を隠したいと思うかもしれませんが無印良品の家具、収納には収納する荷物をあえて魅せる設計になっていのでファイルケースや本立てなどをうまくつかって収納というインテリアデザインをつくる楽しみもあります。が、とりあえず荷物を詰め込んでしまうと生活感タップりになってしまいますね。

 

無印良品で収納

 

 

無印良品とダイニング

シンプルで使いがいってのいいダイニングセット

 

無印良品でダイニング