一人暮らしのインテリア 家具 家電、生活費など

一人暮らしの部屋探し

まず考えるのは、家賃をいくらに設定するかですね。不動産ってピンきりです。上を見たらきりがないし、かと言ってあまりにボロ部屋に住むのも嫌ですね。部屋探しのとき、まず考慮するのがつぎの3つだと思います。

家賃(値段)

一般的に言われてるのが、1ヶ月の収入の30%以内に家賃を設定すると良いと言われています。こんな部屋に住んでみたい。どうせだったら条件のよい部屋に安い家賃で住みたいものです。 部屋探しに失敗しないための知識をぜひ身に付けてください。

広さ

通常1Kか1R、まれに1DKという場合が多いと思います。1Kと1R、どっちが悪いということはありませんが、どちらにしろ20㎡以上の部屋をおススメします。

駅からの距離

できれば5分以内ですね。駅からの距離に比例して家賃も安くはなりますが、安さを重視して駅からの距離が徒歩15分とかだと、特に雨の日とか、仕事で疲れてるときとかけっこうこたえます。自転車ユーザーは迷わず遠いところを選んで家賃を節約してはいかがでしょう?

部屋を探す方法

まずはインターネットで部屋探しですね。大手の賃貸仲介会社などを中心に、検索性や操作性に優れたサイトがたくさんあります。事前にネットで検索し、自分が住みたい範囲の相場はどれくらいなのか、どういった間取りの部屋があるのかなどを調べましょう。

賃貸情報誌で探す

ただし発売日のおよそ1ヶ月程度前の情報が掲載されていますので、 発売日にはすでに契約済みとなっているケースが大半です。注意しましょう。賃貸情報誌の利用は、希望地域の「家賃の相場を見る」とか「どんな間取りがいいかイメージする」程度の利用に留めておくのがよいでしょう。

一人暮らしの部屋探しサブメニュー